自分へ贈った”Bouquet”

出産してから、自分のためにお金を使うことがほとんどなくなってしまったように感じます。

子どもが1歳を過ぎ、自分のことにも少しずつ目を向けられるようになってきたとき、白髪が増えて毛量も少なくなり、つやもない髪や、使い込まれてよれよれになった服や下着を見て、さすがにこのままではダメなことに気づきました。

育児に追われるうちに、どんどん自分のことが適当になってしまうことは多分私だけではなくありがちなことかと思うのですが、あまりにも自分を大事にしてなさすぎるような気がする…

そこで、育児をがんばっている私に、絵の仕事もたくさんしたい私に、自分から贈り物をしようと考え、ずっと欲しかった作品を買うことを決意したのでした。

 

MIII ESPEJO hand mirror “Bouquet”

MIII ESPEJOは学生時代からの友人Omizuがデザイナーを務めるブランド。私は彼女の制作に対して一切手を抜かない姿勢や、圧倒的な作業量をこなすバイタリティをとても尊敬していて、職人気質な彼女が生みだす美しい作品が大好きです。

彼女の作品は形のデザインから布選び、ビーズ選び、そしてビーズを1つ1つ縫いつけて、仕上げをして完成するまで、すべて彼女ひとりの手作業で行った1点ものです。私はなんとなく「人の手仕事には魂が宿っている」気がするのですが、彼女の作業工程や作業量を考えると、作品に込められた熱は凄まじいものなのではないかと思っています。

そんな彼女の作品をうちに置いておくことでパワーをもらいたいな、と思ったのが購入のきっかけでした。

 

無事購入、Bouquetがやってきました。

シンプルなパッケージにドライフラワーが添えてある…おしゃれすぎか…。

あまりに素敵なので開けるのをためらってしまうほどだったのですが、なんとか開けると、ずっと欲しかったOmizuの作品が入っていました。

生地の色は3色、形は3種類、ビーズのデザインは全て違うので目移りしてしまいましたが、私はその時のラインナップの中で、グレーの布に小さな花がたくさん散りばめられているこちらのデザインに決めました。大きさは手のひらサイズで、鏡の周りにも一周ビーズがあしらわれています。

手作業でひとつひとつ丁寧に縫い付けられたビーズは、手に取るとまさに手のひらにお花が咲いたかのようで素敵です。

ちゃんときれいにして、Bouquetを持ち歩いてお出かけしたら特別な気持ちになれそう。

 

私は自分のことを後回しにしてしまうことがよくあるので、そんな時は少し立ち止まってこの鏡を見て、自分を大事にしようという気持ちを思い出していけたらと思いました。

 


 

今回MIII ESPEJOの作品はminneで購入しました。

Web Shop:MIII ESPEJO’S GALLERY

Instagram:MIII ESPEJO

(インスタで作品の展示販売や通販の情報なども確認できるのでおすすめです!)

コメントを残す